Python

スポンサーリンク
Python

「Python3」for文(break・continue・zip・range)

今回はfor文の使用方法について説明します。 Pythonのfor文はとても便利なため、色々な使用ができます。 反復処理 breakの利用 continueの利用 複数のシーケンスの反復処理 数値シーケンスの反復処理
Python

「Python3」while文(breakとcontinue)

while文は条件比較が満たしている間、実行内容をループし続けます。 反復処理 breakの利用 continueの利用 ”exit”を入力することで、”break”を使ってwhileのループを強制的に終了させています。このように”break”を利用することで、特定の条件で終了させることができます。
Python

「Python3」if文による比較

if、elif(else if)、elseを使用して条件比較を行い、異なるコードを実行することができます。if文は上から順番に条件比較を行い、条件を満たした場合その中を実行します。実行した後にif文を抜けます。
Python

「Python3」集合の操作(作成・追加・削除 など)

集合は、辞書と同じでキーのように一意で順番がありません。いわば集合は、値を無くしたキーだけの辞書です。 今回は、集合の操作方法について説明します。 集合の作成 要素を追加 要素を削除 演算子(和集合・差集合など) すべての要素を削除 データ型から集合への変換
Python

「Python3」辞書の操作(作成・追加・削除・変換 など)

辞書には、リストやタプルのように要素に順序がありません。その代わりに、各値にキーを与えます。 今回は、辞書の操作(作成・追加・削除・変換 など)方法を説明します。 辞書の作成 要素の取得 要素の追加と変更 要素の削除 すべての要素の削除
Python

「Python3」タプルの操作(作成など)

Pythonには、文字列以外にタプルとリストの2種類のシーケンス構造あります。タプルはイミュータブルで、一度タプルに要素を代入すると二度と書き換えられなくなります。リストはミュータブルで、要素の挿入と削除を行うことができます。
Python

「Python3」リストの操作(作成・変換・追加・削除 など)

Pythonには、文字列以外にタプルとリストの2種類のシーケンス構造あります。タプルはイミュータブルで、一度タプルに要素を代入すると二度と書き換えられなくなります。リストはミュータブルで、要素の挿入と削除を行うことができます。
Python

「Python3」文字列の操作

プログラマーは文字列を操作することが多いです。 ここでは、よく使用する操作をソースコードと出力結果を用いて説明します。 str()で文字列に変換 エスケープシーケンス 文字列を連結 文字列から特定の文字を抽出
Python

「Python3」基本的な計算

算術演算子を使用することで、整数(int)や浮動小数点数(float)を計算することができます。 次の表にまとめます。演算子 説明 例 結果 + 加算 5+2 7 - 減算 5-2 3 * 乗算 5*2 10
Python

「Python3」データ型の種類と表示

Pythonの基本的なデータ型には次の4つがあります。データ型 説明 整数(int) 小数点以下がない数値 浮動小数点(float) 小数点以下がある数値 文字列(str) 文字の羅列 ブール値(bool) TrueとFalse
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました