基本

スポンサーリンク
Python

「Python3」ファイルの読み込み・書き込み(上書き・追加・行数指定)

組み込み関数open()を使用して、ファイルの読み込み・書き込みをすることができます。 目次 組み込み関数open() テキストファイルの読み込み テキストファイルの書き込み(新規作成・上書き) テキストファイルの書き込み(新規作成・追加) 行数を指定して書き込み
Python

「Python3」オブジェクトとクラス

Python公式サイトのドキュメントでは、オブジェクトとは「データを抽象的に表したもの」と表現されています。つまり、Pythonで書いたプログラムが操作したり、処理したりするデータのことを「オブジェクト」といいます。 またクラスとは、オブジェクトを生成するうえで使われる型のようなものになります。
Python

「Python3」モジュールのインストールとインポート

モジュールは、Pythonコードをまとめたファイルです。 Pythonには便利なモジュールが多く存在します。今回は、便利なモジュールを使用するためにインストールとインポートについて説明します。 モジュールのインストール モジュールのインポート
Python

「Python3」エラー処理(try・except)

次のようなソースコードを実行したとき、エラーが結果として出力されます。 <ソースコード> l = ["apple", "android", "windows", "linux"] print(l[5]) <出力結果> IndexError: list index out of range
Python

「Python3」ジェネレータ・デコレータ

ジェネレータは、Pythonのシーケンスを作成するオブジェクトです。 ジェネレータは、反復処理のたびに最後に呼び出されたの場所を管理し、次の値を返します。 デコレータは、入力として関数を受け取り、別の関数を返す関数です。 実際に、ジェネレータとデコレータを使ってみましょう。
Python

「Python3」関数(引数・クロージャ・ラムダ)

関数は、任意の型・任意の個数の入力引数を取り、任意の型・任意の数の結果を出力します。 関数の使用例 位置引数とキーワード引数 デフォルト引数値の指定 位置引数のタプル化 キーワード引数の辞書化 関数に説明文を付与 関数内関数 ラムダ関数 クロージャ 関数アノテーション
Python

「Python3」内包表記(リスト・辞書・集合 など)

内包表記は、イテレータからPythonデータ構造をコンパクトに作ることができる形式です。 実際に使ってみましょう。 リスト内包表記 辞書内包表記 集合内包表記 ジェネレータ内包表記
Python

「Python3」for文(break・continue・zip・range)

今回はfor文の使用方法について説明します。 Pythonのfor文はとても便利なため、色々な使用ができます。 反復処理 breakの利用 continueの利用 複数のシーケンスの反復処理 数値シーケンスの反復処理
Python

「Python3」while文(breakとcontinue)

while文は条件比較が満たしている間、実行内容をループし続けます。 反復処理 breakの利用 continueの利用 ”exit”を入力することで、”break”を使ってwhileのループを強制的に終了させています。このように”break”を利用することで、特定の条件で終了させることができます。
Python

「Python3」if文による比較

if、elif(else if)、elseを使用して条件比較を行い、異なるコードを実行することができます。if文は上から順番に条件比較を行い、条件を満たした場合その中を実行します。実行した後にif文を抜けます。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました