スポンサーリンク
cmath

「Python3」cmath(複素数の数学関数)

複素数の数学関数モジュールcmathを説明します。 目次 極座標変換 cmath.phase(x) cmath.polar(x) cmath.rect(r, phi) 指数関数と対数関数 cmath.exp(x) cmath.log(x[, base]) cmath.log10(x) cmath.sqrt(x)
OpenPyXL

「Python3」OpenPyXL(Excelファイルの読み込みと書き込み)

目次 Excelファイルの読み込み Excelファイルの書き込み ワークシートの作成(追加と表示) openpyxl.load_workbook関数を使用することで、指定したExcelファイルを読み込むことができます。 セルの値を取得するには、Excelファイルを読み込んだ後、ワークシートを指定する必要があります。
math

「Python3」math(特殊関数「ガンマ関数・誤差関数」と数学定数)

今回説明する数学関数と数学定数を表にまとめます。 数学関数 説明 math.erf(x) xの誤差関数を返す math.erfc(x) xの相補誤差関数を返す 相補誤差関数は 1.0 – erf(x) math.gamma(x) xのガンマ関数を返す math.lgamma(x) xのガンマ関数の絶対値の自然対数を返す
math

「Python3」math(三角関数と双曲線関数・ラジアン角度変換)

数学関数 説明 math.acos(x) xの逆余弦をラジアンで返す math.asin(x) xの逆正弦をラジアンで返す math.atan(x) xの逆正接をラジアンで返す math.atan2(y, x) y/xの逆正接をラジアンで返す math.cos(x) xラジアンの余弦を返す math.sin(x) xラジアンの正弦を返す math.tan(x) xラジアンの正接を返す
math

「Python3」math(指数関数と対数関数)

数学関数 説明 math.exp(x) eのx乗を返す math.expm1(x) exp(x)-1を返す math.log(x, y) yを底としたxの対数を返す math.log1p(x) eを底としたxの対数を返す math.log2(x) 2を底としたxの対数を返す math.log10(x) 10を底としたxの対数を返す
math

「Python3」math(数学関数・床関数・天井関数・絶対値 など)

今回説明する数学関数を表にまとめます。 数学関数 説明 math.ceil(x) 小数点以下を切り上げて返す(天井関数) math.copysign(x, y) abs(x)*sgn(y) xの絶対値をyの符号にした値を返す math.fabs(x) xの絶対値を返す math.factorial(x) xの階乗を返す math.floor(x) 小数点以下を切り下げて返す(床関数)
NumPy

「Python3」NumPy(ndarrayの算術演算)

ndarrayでは、要素ごとの処理のためにわざわざループを書く必要はないです。この機能は「ベクトル演算」と呼ばれる、NumPyの重要な特徴の1つです。 目次 加算 + 減算 – 乗算 * 除算 / 剰余 % べき乗 ** 要素比較 ==
NumPy

「Python3」NumPy(numpy.randamランダム関数)

目次 内部状態の保持と設定 単純なランダム random.rand() random.randn() random.random_sample(size) random.randint(low, high, size) 順列をシャッフル random.shuffle(x) random.permutation(x) ランダム分布 二項分布:binomial(n, p, size) ラプラス分布:laplace(loc, scale, size) 正規分布:normal(loc, scale, size) ポアソン分布:poisson(lam, size)
NumPy

「Python3」NumPy(ndarrayオブジェクトを生成)

目次 ndarrayとは? ndarray生成関数 array関数 ndarrayの属性 NumPyのデータ型 asarray関数 arange関数 linspace関数 ones関数 ones_like関数 zeros関数 zeros_like関数 empty関数 empty_like関数 full関数 full_like関数 identity関数 eye関数
pprint

「Python3」pprint()関数(辞書型・リスト型を整形して表示)

pprintとは? print()のように文字列を画面に出力することができます。さらに、pprint()関数は、辞書型・リスト型・タプル型などのデータ構造を見やすい形に整形して表示させることができます。小さいデータ構造ならprint()関数で問題はないのですが、大きいデータ構造になってくるとかなり見づらくて理解するのが大変になってしまいます。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました